So-net無料ブログ作成
検索選択

少し体調がいいので・・。 [雑記]

また書いてみようかなと、ふとおもいました。

誰が来て下さる訳でもないんだけれどw

何か残しておきたくて。
きっと以前のようにはゆかないけれど。

まあ、それも御愛嬌。


近況。

相変わらす入退院を繰り返し、入院のたびに余分な病気を薬と比例して増やされています。

結局手術をする事も出来ず、痛みどめで乗り切るまいにち。

手術して良くなるモノでもないしね。

現状をいかに長く持ちこたえてゆくか。

気を抜くと悪化してゆくしかない。

病院は最上のお得意さんを確保したと思っているんだろうな、とちょっと斜に構えてみたり。

この悪寒と吐き気とだるさと痛みに耐えるしかない日々が現況維持というのが、腹立つばかりですが

それでも生きてゆく事は僕にとって、毎日が毎時間が貴重な事。

それはきっと、僕には大切な人がいるから。

この地上に共に生きて時間を共有できることが、今の僕にとって最上のことだから。

そりゃあ、人間だもの。

お互い腹を立てたり、怒ったり、落ち込んだり、泣いたり騒いだりもあるけど

僕にはそんな時間さえも、愛おしく感じる。

でもできれば、笑って幸せでいてくれる事がいちばんなんだけどなぁ。

僕はいつまで僕でいられるんだろうか。

永遠なんてないんだろうけれど、

僕は大切な人のそばにいたい。

nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

nice! 2

コメント 9

xephon

takehikoさんこんにちは。
日常、病院にそう縁が深くない僕らは日々をつれづれに過ごしてしまいがちですが、記事を読ませていただくと取り返しのつかない過ごし方をしてしまっていたのだなと思うばかりです。
時折反省はするものの、結局またなんとなく過ごしてしまう…


一日一日を精いっぱい生きるって、ある程度安全が保障された人や時間のある人にはしっくりこないのかもしれません・・・。
そしてそうではくなった時に慌てふためくのでしょうね・・・。

自分があと数日の命だったらどうするだろうと考える事もあります。
するといかにがんじがらめになっているのかを思い知り、考えるのをやめてしまう現実があります・・・。

僕も大切な人を大切にしたいです。
なのに日常に流されてそうしていないなと、よく我に返ります。
大切な人に甘えているんだなと思います。

以前読んだ漫画にハッとするシーンがありました。
それは、登場人物の一人が何気なく歌を口ずさんでいるシーンなんですけど、その歌詞が『今日は残りの人生の最初の日~』なんです。

当たり前と言えばそうなのですが言われてみて愕然とした思いでした。

今日は残りの人生の最初の日、そして今までの人生の最後の日なんですよね・・・。

疲れてなんていられない・・・けどなんでこんな疲れているんだろうなぁ・・・。

もっとしゃっきりしなくては。

武彦さんくらいの強さを持たなくては。

by xephon (2014-04-26 10:11) 

takehiko

>xephonさま
折角久しぶりに来て下さったのに、愚痴に付き合って下さって
有難いやら、申し訳ないやら・・。
『死』という変化(と呼ぶのが相応しいかは解りませんが)は、
長い病の宣告でも無い限りは、何の前触れもなく
今まで築いてきたモノ、蓄えて得たもの、
多くの信頼や友情で結ばれた家族や友人たちを
全て僅か数分で捨て去る事を強要してきます。
その時になって、後回しにしながらやろうとして出来なかった事、
ちゃんと言わなければならなかった言葉、
それがその最後の数分の後悔として心を満たすとしたら、
どれほど苦しく、悲痛な幕切れになるのだろうと自分は思います。
「今日は残りの人生の最初の日」と言う言葉は凄いですね。
人は実際に死を迎える前にでも、
望めばまさに「今日は残りの人生の最初の日」を迎えられるのです。
突然断ち切られる人生の前に、もう一度やり直したいと真摯に想う事を
今日この時から始める事が出来るのです。
僕はそれが「残りの人生の最初の日」なのだと感じました。

きっと僕はおっしゃるような強さは持ち合わせていません。
弱虫だからこそ、来るべき時の絶望を恐れているのだと思います。
自分の意思で自分が何かできる時間は、思った以上に長いモノではありません。
病を通して、僕はその事を学ばされました。
これから僕は、僕の出来得る事を、もがきながらもひとつづつなしてゆき
今日が「残りの人生の最初の日」になればいいなぁと願うばかりです。
by takehiko (2014-04-26 22:50) 

LAYLY

こんばんは(^^)こちらは4月に書かれているのですね。『晩秋』とこちらを読ませて頂いて感じたことはいっぱいあるのですが、心の深い所に黒い大きな鉛がはびこってしまい、言葉が全く出てきませんでした(>_<)ようやく小さくなってきて、浮かんできたのが、私の大好きな歌の一節でした。

ZARDの『永遠』から、
“君と僕との間に 永遠は見えるのかな”と、

くるりの『奇跡』から、
“神様ほんの少しだけ絵に描いたような幸せを 分けてもらうその日までどうか涙を溜めておいて』です。。。

これじゃコメントになってないですね^^;ごめんなさい(;_;)

絵は全部拝見しました!どれも素敵でびっくりしました(*^^*)あちらに書き込みできなかったので、こちらに失礼します。
モデルさんはいるのでしょうか?皆さん目が印象的で、見る側の想像力を非常にかきたてられました。
どんな人物なのか、何を考えているのか、とても興味津々です^^

そして、年代別に描かれた人物の表現が変化しているのも興味深いです。まるで蕾が美しい大輪の花になり、咲き誇るような感覚を覚えました。描き手側さんの気持ちの変化の表れなのかな?^^

最近は描かれてないのでしょうか?今現在どんな絵を描かれるのか、非常に興味があるのですが…。もし可能でしたら、是非是非拝見させて下さいw

他のお話は鉛がもう少し小さくなったら、楽しみにゆっくりゆっくり拝見させて頂きますね^^

by LAYLY (2014-11-09 01:06) 

takehiko

>LAYLYさま
ようやく全てのコメント欄のユーザー以外の書き込みの解除が出来ましたw
以前のものにコメントも出来る様になっていると思いますので
遠慮なく忌憚のないところをどうぞお書き込みくださいませ^^

ご覧になってお解りになりましたように、本当に拙いものばかりですし
日付もまばらで、年に数度ぽつぽつとあげられたものばかりです。
自分勝手な自己満足的内面を晒しておりますので
非常にお見苦しい点もあると思いますが、ご容赦ください。
少しでも、あはははと楽しんでいただけたら嬉しいです^^

絵についてですが、最近はまったく描いておりません。
以前は病院でしゃかしゃか描いていたのですが
すっかり他の患者さんやら、看護師さんやらに冷やかされてしまって
恥ずかしくなってしまいましたw
元々人物のデッサンくらいしか描きませんものですから
完成したものは、人さまに差し上げたここの数点しかないあり様ですw
モデルさんは、いらっしゃるのもありますし、
イマジネーションで描いちゃったものもあります。

by takehiko (2014-11-09 21:08) 

LAYLY

何やらすっかりお手数を掛けてしまって申し訳ありません^^;
楽しみに拝見させて頂きますねw
絵・・・描いてないんですか・・・(T_T)
by LAYLY (2014-11-09 23:10) 

takehiko

>LAYLY さま
どうぞどうぞお気軽に^^
ある程度経ちましたら、
またユーザーのみのコメント受付に変えさせていただきますね?
マメにいつも管理できればいいのですが
不在がちな事も多いもので、
また卑猥な広告等で未成年の友人たちの目を煩わすのもいやなモノですから
ご容赦ください。
by takehiko (2014-11-10 01:30) 

LAYLY

了解ですっ!

あの~絵のカテゴリーで書き込みできないところが何点か・・・。
たいしたコメント書けませんが、お手を煩わせてしまって申し訳ないです^^;
by LAYLY (2014-11-10 17:55) 

takehiko

>LAYLYさま
これは失礼しました。
いくつかもれていたようですね。
もう一度設定し直してみました。いかがでしょうか・・?
by takehiko (2014-11-10 20:49) 

LAYLY

大丈夫なようです!(^^)

by LAYLY (2014-11-10 21:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0