So-net無料ブログ作成
検索選択

リヴリー小説 中編 『太陽のカケラ』 (後篇) [創作]

 『太陽のカケラ』 (前篇)より続き




「今日は飛ぶ練習をしようっ!」

イェルクッシェくんが高い木の上で胸を張りました。

「ジャス・ド・クッシェくん、おいでおいで。」

みんながお母さんだね、と言う事で
彼らは頭を寄せて白いひよこにそれぞれの名前を与える事にしました。

体はまだ小さくても、真白い鳥のジャス・ド・クッシェくんは、羽をもうぱたぱたし始めて
武彦さんがそろそろ飛ぶ練習を始める頃かもしれませんね、と言ったのは
タマゴが孵ってからそろそろひと月も経とうという頃でした。
「まだ小さいのに大丈夫かなぁ」と心配顔のノドくんママを木の下に待機させて、
イェルクッシェくんは自分のお腹に、慣れた手つきで丈夫な草のツルをぎゅっと結びました。
ツルの端の片方は、頭の上の枝に結び付けると
上手に羽ばたきながらぴょんぴょんと木に登って来たジャス・ド・クッシェくんに
うんうんと、自信たっぷりに頷いて見せました。

「大丈夫だよ?男の子はいっぱい修行すれば出来ない事なんてないんだ。
もし飛べなくても、下のノドくんがしっかり受け止めてくれるから、安心してね?
羽に力を込めて、僕の後についておいでっ!それええっ!!!」
イェルクッシェくんは頭の上にきっちりと両腕をそろえて、しゅやや~~んっ!と飛び降りました。
ツルはぴーんと伸びて、イェルクッシェくんは小さな振り子のように行ったり来たりしています。
それに負けじと、ジャス・ド・クッシェくんは思いっきり下のノドくんめがけて飛び立ちました。
一生懸命羽ばたくと、風がふわりと羽をもちあげました。

ノドくんは上を見上げ、両手を広げて木の下をばたばた走りまわっていましたが、
自分の頭上でこの小さな鳥さんが
立派に羽ばたいているのに手をぱちぱちと叩き、飛びあがって歓びました。
「すごいっ!飛んでる!飛んでいるよ!」
イェルクッシェくんもまだ振り子のようにゆらゆらしながら、手を叩きました。
「やったあっ!!かっこいいなぁ!」
あんまり体をよじって喜んだものですから、ツルが巻きついて逆さになってしまいました。
「きゅうう。・・ノドくん・・・おろして・・。」
ノドくんは慌てて巻きついたツルをはずして、イェルクッシェくんを救いだしました。
その頭上ではジャス・ド・クッシェくんがくるくると嬉しそうに翼に風を受けて飛んでいました。

いっぱい遊んで、いっぱい飛んで、
にこにこ笑いあって、楽しくくたくたに疲れながら
ノドくんとジャス・ド・クッシェくんは武彦さんの所に帰ってきました。
興奮したノドくんの、ジャス・ド・クッシェくんがいかに上手に飛ぶ事が出来たかを聞きながら
武彦さんは、そろそろジャス・ド・クッシェくんを
仲間の所に戻さなきゃいけない頃なのかもしれないな、と思いました。
いなくなった後、ノドくんが寂しがるだろうなぁとちょっぴり哀しくなって、
それでもにこにことジャス・ド・クッシェくんと、ノドくんの頭をいい子、いい子と撫でました。
2匹は心地よく疲れて、寄り添いながらぐっすりと眠ってしまいました。

それから数日後。
リヴリーアイランドに時ならぬ雪が降り始めました。

ノドくんもイェルクッシェくんも大喜びで雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり
毎日元気に遊んでいましたが、流石に1週間も雪が続くとそろそろお陽さまが恋しくなってきました。
雪は弱まるどころか、ますます激しさを増し、今日は吹雪のように視界を遮っています。
ノドくんとイェルクッシェくんとジャスミンさんは真ん中にジャス・ド・クッシェくんを挟んで
窓の外を恨めしそうに見ていました。
「きっとニンゲンの世界で恐竜がいなくなる前も、こんな感じだったのかしら・・」
ジャスミンさんはぽつりとつぶやきました。
「恐竜はかっこいいよねぇ!僕、恐竜といっぱい遊びたかったなぁ!」
イェルクッシェくんは、ぱかっぱかっと恐竜の上に乗っているように走り回りました。
「・・・・僕たちもいなくなっちゃわない・・?」
ノドくんは心細そうにジャスミンさんを見つめました。
ジャスミンさんはにっこり笑いました。
「大丈夫。私たちは忘れ去られない限り生きてゆけるのだもの。」
「そうだね。でもこんなに終わらない冬が続くと、カケラでもお陽さまが欲しいね。」
ノドくんはほっとしたように、ジャス・ド・クッシェくんの頭をいい子いい子と撫でました。
ジャス・ド・クッシェくんは真剣なまなざしで、窓の外の雪を見つめていました。

翌日まだ暗いうちにジャス・ド・クッシェくんは外に出ました。
振り返る家は何だかとても暖かくて、涙が出そうになりました。
決意を込めた瞳でもう一度空を見あげました。
空からは大きな雪が降り続いています。
『僕が、とってくる。』
『太陽のカケラ、きっと持ってくる。』
『ノドくん、イェルクッシェくん、ジャスミンさん、武彦さん。
僕はみんないなくなっちゃうのいやだ。』
ようやく空が明るくなってきた時、ジャス・ド・クッシェくんは大きく息をすると
一直線に太陽に向かって飛び立ちました。
冷たい雪が容赦なく羽を濡らし、重く凍らせます。
浅く息をする胸の奥まで、鋭い氷のトゲが刺さるようです。
それでも重い雲を抜けてジャス・ド・クッシェくんは羽ばたき続けます。
『太陽のカケラをっ!きっと・・きっと…』
雲をぬけて太陽がきらりと眼をうっても、羽に感覚が無くなっても
彼は太陽を目指し真っすぐにひたすら昇ってゆきます。
もう頭の中は、たったひとつ、太陽のカケラをとって来ることだけしかありませんでした。
『もう少し…もう少し…・。』

やがて輝くひとつの光が、石つぶてのように空から落ちてゆきました。
薄い空気を切り裂き、厚い雲を突き抜け
雪の大地に光は吸い込まれてゆきました。

そこを中心にまあるく雪が解けだしました。
雪は小川となり、雪の下に閉じ込められていた緑がゆっくりと眼をさましてゆきます。
あれほど降り続いた雪はすでにあがり、やわらかな春の光が辺りを照らし
風も思わず微笑みたくなる心地よさで、木々の葉を揺らして森を吹き抜けました。
冬は去りました。
季節はまた動き始めたのです。

その日、なんとも暖かくて、ノドくんは久しぶりに元気に目覚めました。
ノドくんはいつものようにジャス・ド・クッシェくんを呼びました。
「おはよう!今日はなんだかわくわくするねっ!」
いつもは直ぐにぴょこりとお顔が出てくるのに、なんだかがらんとしています。
「ジャス・ド・クッシェくん?あれ?どこ?」
ノドくんはお部屋中探しましたがどこにもいません。
「武彦さんっ!ジャス・ド・クッシェくんがどこにもいないよぉ!」
泣き顔のノドくんに武彦さんは声に詰まりました。
「昨日は何も言っていなかったの?」
ノドくんは大きな涙をぽろぽろ流しながら、コクコクと頷きました。
「ノドくん。よく聞きなさい。
ここは天敵もいないし、危険な事もなにもない。
ここにいないという事は、
ジャス・ド・クッシェくんが自分の意思で出て行ったという事だと思う。
まだよくお話しは出来なかったけれど、
彼はとてもノドくんの事も、イェルクッシェくんの事も、ジャスミンさんの事も大好きだった。
それは解っているね?」
ノドくんは大きな眼を見開いたまままたコクコクと頷きました。
その度に涙がぽろぽろとこぼれて落ちました。

「僕らはジャス・ド・クッシェくんが何の鳥でどうしてあそこにいたのか、
結局解らなかったね?
きっと彼は何かすべき事があったのかもしれない。
でも・・ノドくんたちのこと大好きだったから、今日まで一緒にいてくれたのかもしれないね・・。」
ノドくんは、武彦さんの手に頭を押し付けて、きゅううっと泣くのを我慢しているようでした。
「うん・・。そうだね。そうかもしれないね・・。」
武彦さんは優しくノドくんを撫でました。
「ノドくんは、これ以上無いくらい良いお母さんで、お兄さんで、お友達でしたよ。
それはジャス・ド・クッシェくんが一番わかっているはずです。」
「うん・・うん・・・。」
ノドくんの涙はしばらく止まりませんでした。



さて、小さなジャス・ド・クッシェくんは死んでしまったのでしょうか。
彼の落ちた場所に行ってみましょう。
ほら、まだそこだけ明るく輝いていますでしょう?

おやおや、彼に気づいたのは僕たちだけで無いようです。
森の奥からいくつもの輝く鳥たちが集まって来ています。
長い尾はまるで炎のように辺りを明るく染めています。
その中心・・ひと際金色の明るく輝く鳥がゆっくり身を起こしました。
「僕は・・・」
「お疲れさま。おかえりなさい。」
「お陽さま、連れて来られたね。ここはもう大丈夫。」
「さあ、ゆこう。僕らの故郷へ。」
白い小さな羽はもうすでに無く、大きな金色の翼に変わっています。
理知的な意思を持った大きな瞳、長く煌めく尾・・。
「君はもうりっぱな僕らの仲間だ。来るべき日のために共にゆこう。」

ジャス・ド・クッシェくんと呼ばれた小さな鳥は
大きく羽ばたくと遠くの懐かしい家の方向を見つめました。
「ありがとう・・。僕の家族。」
輝く鳥はそのまま森の奥へ仲間の鳥たちと消えてゆきました。



僕もその鳥の種類は解りません。
ただ昔からの言い伝えに出てくる『フェニックス(不死鳥)』にも『火の鳥』にも似ているような気がします。
『来るべき日』に彼らがどのような役割を持っているのかも、僕には解りませんが
きっとそれもまたいつかのお話しになるかもしれません。



nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

リヴリー小説 中編 『太陽のカケラ』 (前篇) [創作]

「あったわっ!」
大きなかごを持ったにジャスミンさんが、
身の丈くらいの草の間から元気に手をかかげて現れました。
ノドくんは走ってジャスミンさんの手に大事に持たれている、きれいな色がついたタマゴを覗きこみました。
「わあ!すごいなあ!きれいだね!ジャスミンさんは見つける名人なんだなぁ。」

今日はイースター
みんなで隠された色とりどりの可愛いタマゴを探すゲームをしていました。
イェルクッシェくんもふさふさの尻尾に葉っぱやら、木の小枝やらいっぱいつけて
高い枝からしゅややっ!と飛び降りて来ました。
「上にはなかったよ?でもねえ、おっきなトカゲがいたんだっ!ほらっ!かっこいいなぁ!」
イェルクッシェくんの腕に抱えられたトカゲは、ようやくチャンスとノドくんの頭の上に飛び乗ると
そのまま大慌てでまた木によじ登りました。
「まてまてまてまて~!」
イェルクッシェくんはまた風のように追いかけて行ってしまいました。

「あれではタマゴは見つかりそうもないわね。」
ジャスミンさんはにこにこしながら、イェルクッシェくんの尻尾が高い木の幹に隠れるのを見上げました。
そして、そおっと腕にかけたかごの中にタマゴを入れました。
かごの中には鮮やかな色とりどりのタマゴが、もういくつも並べられています。
「ようし、僕、また探してくるね!」
ノドくんは今度は森の奥の方へ行ってみる事にしました。

きらきらとした木漏れ日が、かすかな風が吹くたびに揺れ動き
春の森は、まだ寒いながらもやわらかな光に包まれ
ノドくんはむずむずするような喜びで足取りも軽く、奥へ奥へとずんずん進んでゆきました。
時々きょろきょろと辺りを見渡しているのですが
いい香りのするお花や、葉っぱについている小さな虫を見つけるばかりで
タマゴは見つけることが出来ません。

ふと気がつくと、今までずっと聞こえていた鳥のさえずりが聞こえなくなっています。
随分奥まで入り込んでしまったのかな?とノドくんは足を止めてもう一度きょろきょろと頭をめぐらせました。

すると、どうでしょう!
ひと際大きな木の根元の所に、
真っ白なタマゴが、きらきらといく筋もの光が差し込んできらめいているではないですか!

ノドくんは大喜びでとび跳ねながら、タマゴを手にとりました。
「あれ?何だか・・重いし・・。模様が書いてないなぁ。」
ノドくんは首をかしげて、おひさまにタマゴを透かしてみました。
「うわあああ!どうしよう!!本物のタマゴだぁ!」

タマゴの中にはかすかにひよこの影らしいものがうつっています。
ノドくんは慌てて羽の胸と腕の中にタマゴが冷えないように包みました。
「木の上の巣からおっこちちゃったのかなぁ?」
イェルクッシェくんのように木のぼりの得意でないノドくんは、
ぐるぐると木の周りを見上げながら回りましたが、お母さん鳥の姿も見当たりません。
置いておくことも心配で、ようやくノドくんはその場を立ち去り
お友達の待つ森の入口まで走って戻りました。

「イェルクッシェく~んっ!ジャスミンさ~んっ!どうしようどうしよう!
タマゴみつけちゃったよぉ!」
遠くからその声を聞きつけたイェルクッシェくんが枝の間から逆さまに頭を出して
あはははははと笑いました。
「僕たちタマゴを見つけているのにねぇ。」
その手に大きな虫が掴まれているのを見て、ジャスミンさんは
『あら、ちゃんとタマゴを探していると覚えていたのね』
とくすくすと笑いながらノドくんに手を振りました。
「ノドくん、おめでとう!やっとみつかったのね!」
「ちがうちがうちがう~~。タマゴなんだよぉ~!」

両羽を胸の前に組んで、エリマキトカゲの如く走って来たノドくんにお話しを聞いて
ようやく、イェルクッシェくんもジャスミンさんもびっくり仰天、
慌てて武彦さんの所に駆け戻ってきました。

「武彦さん、こんにちはっ!タマゴなんだ!ノドくんタマゴだったんだよ?どうしたらいいのかな?」
一番早く武彦さんのところに着いたイェルクッシェくんが
武彦さんのズボンの裾を引っ張りながら聞きました。
「な、なにがどうしたの?ノドくんがタマゴ?」
イェルクッシェくんは大真面目な顔でコクコクと頷いてもう一度言いました。
「そうなの。タマゴだったの。」
「どうしたら・・いいって・・。
タマゴから生まれたのかな?
ノドくんが僕の所に来てくれた時はもうトリの姿だったし・・。
そもそもリヴリーは精霊みたいなもので、タマゴからは生まれないんじゃ・・。
いやいや・・最初は皆タマゴだったのかな??」
ボソボソと言っている内に、頬を赤く染めたジャスミンさんがたどり着きました。

「武彦さん、こんにちは!
ノドくんがね?イースターエッグを探していて、本当のタマゴ拾ってしまったの。
近くに巣もお母さんもいないそうなの。
持ってきちゃって大丈夫かしら?」
ようやく事情がのみ込めた武彦さんは、なるほどそういうことかと腕を組みました。
ノドくんも息を切らして武彦さーんどうしよう!と首をかしげました。
「僕、タマゴだったの。どうしたらいい?」

3人の真剣な顔に武彦さんはちょっとどぎまぎして、ノドくんに手渡されたタマゴをすかしてみますと
確かに陽にすかして、心臓が動いているのがわかりました。
「これは・・もうすぐ産まれちゃいそうだけど、今冷やしたら死んでしまうかもしれないね。
お母さんを見つけて巣に戻してあげるのが一番だと思うけれど、
とにかく温めて続けてあげていないと。」
ノドくんはそおっと大事に武彦さんの手からタマゴを受け取ると、
もう一度羽の中にタマゴを抱えました。
「僕、大丈夫。ちゃんとお母さんを見つけてあげる!それまで寒くないようにあっためてあげるよ?」
イエルクッシェくんもジャスミンさんもお手伝いするからね、と請け合ってくれました。

みんなでどれだけ木の上や、草の中をかきわけて探し回っても、
お母さんらしい鳥も巣のカケラも、見つける事は出来ませんでした。

それからノドくんはどんな時もタマゴを離す事はありませんでした。
寝る時も、ご飯の時も、お外でみんなと遊ぶ時も
みんなから少し離れて、優しくタマゴに話しかけていました。

「ほんとうのお母さんみたいね。」
とジャスミンさんが感心するほどノドくんはお母さんをしていて・・・はや一週間。

明け方うとうとしている時にノドくんが、うひゃあああっ!と叫びました。
「た、た、武彦さんっ!タマゴが、タマゴがっ!割れちゃってるよぉっ!」
驚いた武彦さんが、声を振り絞って泣いているノドくんをなだめながら、タマゴを見てると
「ノドくん、ノドくん。安心して。ほら、もう産まれてきているんだよ、おめでとう。」とにっこりしました。
ノドくんがびっくりして覗きこむと、大きなクチバシがタマゴからのぞきました。

武彦さんも急いでイエルクッシェくんとジャスミンさんに連絡をすると
二人とも大喜びで駆けつけました。
「がんばれっ!」
ノドくんが一生懸命応援します。
「がんばれっ!」
イェルクッシェくんとジャスミンさんも声を揃えます。

ゆっくりゆっくりと殻の穴が広がってゆき、まだ薄く開いたお目々が覗きました。
休み休み、ようやく殻が割れ落ちると
中から現れたのは真っ白い羽のひよこでした。
まだ濡れたような羽をノドくんがそっとなでると、ひよこはふらふらと立ちあがり
びっくりするほど大きな声で鳴きはじめました。
「わあ!」
イェルクッシェくんは大きな声で歌いました。
「ハッピバースディ、トゥ~ユ~ ハッピバースディ、トゥ~ユ~」
ジャスミンさんもノドくんも歌います。
「ハッピバースディ、ディアヒヨコく~ん。
ハッピバースディ、トゥ~ユ~!!」

しばらくすると、ふわふわのうぶげに覆われた真っ白なヒヨコは
ノドくんの後を大きな声で鳴きながらついてくるようになりました。

ジャスミンさんはもうお母さんね、と微笑みましたが
ノドくんは弟が出来たように大喜びです。
眠る時も2匹は寄り添い、食事も仲良く分け合って、
どんなときでも一緒にいるようになりました。




 『太陽のカケラ』 (後篇)に続く


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

生きていてありがとう。(東北関東大震災によせて) [雑記]

全てが想定外から始まった今回の震災でした。

ほんの数分の大地の揺れによって、
破壊しつくされてしまう文明、
奪われてしまった家族や友人との当たり前と思っていた生活
その理不尽さ、無情さ。

瓦礫の中、流された車の中、海岸の水だまりの中
ようやく見つけた懐かしい、大切な者の変わり果てた姿を
埋葬する事も叶ず、何日も身守らねばならぬこの現実。

見つかったものはまだいい、という慰めにもならない言葉も
ため息まじりに交わされてくるようになりました。

今まで共に生きてきた者にとっては
喪われた者の大きさは、消せるものではないでしょう。
でも彼らが遺してくれたもの、与えてくれたものもまた
あなた方の中で決して消える事無く生き続けているはずです。
それと共に、どうか生き抜いて下さい。
ご自分を慈しむ事は、
あなた方の中の、その愛しい者たちを慈しむ事だと思います。

この成熟期を迎えたと言われる豊かな現代において
かくも残酷な、かくも哀しい現実に向いあっている、多くの僕らのはらからたち。
この未曽有な災害を生き抜いてくれた事に、僕は感謝します。
この苦しみを、痛みを、胸をえぐる悲しみを
震災の起こる以前のたくさんの笑顔と共に、
これから生きてゆかねばならぬ未来の子供たちの為に
どうかこの先伝えていってあげて下さい。

あなたがたの知恵も勇気も哀しみも
これから世界中に起こるかもしれない更なる災害の
大いなる砦となり 助けになり、
多くの救いとなるはずだと思いますから。


未だ見つけることの出来ない、僕の親族たちの想いも込めて

生きていてくれてありがとう。

あの美しかった町を楽しかった日々を
共に生きてきた時間を
いのちを繋いでくれてありがとう。

あなた方のこれからの道は、未だ困難と茨の道であるかもしれない。
喪ったものの代わりになるものは、何もないかもしれないけれど
これからは、もっと多くのこの国の人々と共に歩んでゆく事ができたらと願う。



それがたとえ小さな歩みだとしても。

これからは、沢山の幸運があなた方と共にありますように。






懸命に不眠不休でそれでも僕の親族を探してくれている方々。
ただ家族のもとに返してあげたいと、それだけの気持ちで動いてくれている多くの人たち。

その方々に心からの感謝を捧げつつ。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland