So-net無料ブログ作成

リヴリー小説 短編 『オメデトウ』  [創作]

ジャスミンさんのお誕生日の帰り道。
ノドくんとイェルクッシェくんはスキップしながら、仲良く並んで僕の前を歩いていました。

「ジャスミンさん、にこにこしていたねぇ。」
「うんっ!ケーキ、美味しかったねぇ。」
「うんっ!毎日お誕生日ならいいのにねぇ。
そうしたら、みんなにこにこかなぁ?」

♪「お誕生日おめでとー お誕生日おめでとー!」
♪「おめでとー ジャスミンさーん」
♪「お誕生日 おめでとーっ!」

二匹はまた顔を見合わせて大きな声で笑いあいました。

イェルクッシェくんはぴょんぴょーんと
道の傍に揺れる紫陽花の大きな花の前にゆくと、首をかしげました。
「君のお誕生日はいつなの?」
くるくると大きなお目々をめぐらせると
今度はよそのお庭のお蜜柑の若木で
むしゃむしゃと葉っぱを懸命に食べているアオムシを見つけました。
さっそくぴょーんぴょんと近付いて、
その細いお指で、そおっとつつきました。
「君のお誕生日はいつ?」

そして立ち止まって振り返って待っていた、僕とノドくんの所へ
すごい勢いで駆け戻ると、
「ねぇ?どうしてなの武彦さん?」と見上げました。
「どうして、お誕生日はオメデトウなの?」
「そうですねぇ・・・。」

「きっとこうしておんなじ場所で出会って、
おんなじ時間を過ごせることがとっても嬉しいから
頑張って生まれてきてくれてありがとう、
また会えてよかったね?で、おめでとうなのかもしれませんね。」
「そうなのかぁ。」
イェルクッシェくんはにこにこと笑いました。
「じゃあ、僕もノドくんも、ジャスミンさんもポイトコナくんも、
ゼフォンも武彦さんも響鬼さんも、みいんなおめでとうだねっ!」
「はい。」
僕は思わずイェルクッシェくんの小さな頭をいい子いい子と撫ぜました。
「えへへへ~。」
イェルクッシェくんは目をつぶって笑いながら、ふわふわのシッポを元気に振りました。




数日後の夜中。
イェルクッシェくんはとても怖い夢を見た気がして、飛び起きました。
胸は大きな音を立ててどきどきしています。

「ゼフォン!ゼフォーンッ!」

イェルクッシェくんは一番の親友で、一番大好きな人の名前を呼びました。
薄暗い月明かりに照らされて、彼の親友はぐっすり眠っているようです。
イェルクッシェくんは力いっぱい走ってゼフォンさんの胸に乗ると
腕の中にぐりぐりと頭を押しこみました。

「おや・・?イェルクッシェ。どうしたの?」
目を覚ましたゼフォンさんはそっとその頭を撫でてやりました。
「ゼフォン・・。僕ね・・。ええとね・・・?」

うんと疲れてお仕事をしてきたゼフォンさんを起こしてしまった申し訳なさと
起きてくれた安心感と、撫でてもらった嬉しさで
イェルクッシェくんは涙がこぼれそうになって、口をつぐみました。

それから、お顔をゼフォンさんの胸につけて、大きな声で言いました。
「ゼフォン。おめでとうなのっ!とってもとっても、おめでとうなのっ!」

ゼフォンさんは何がおめでとうだったっけ、とぼんやり考えましたが、
イェルクッシェくんがすやすやとまた寝息を立てて安心して眠るまで
優しく撫でてくれていました。

優しい月の光が小さな窓からそんな二人を包んでいます。



明日の朝、目が覚めたら今度こそほんとうにおめでとうですね。

イェルクッシェくん、お誕生日おめでとう^^
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

『レイキの教科書』 青木克行先生 青木勇一郎先生 共著 [本の紹介]

この度、「レイキの教科書」が発売されました。

http://www.yorokobi36.com/aurareiki/reikinokyokasho.html


そも、レイキとはなんぞや。

僕も多くは日本以外などで、医療行為以外の補助的な役割で使われているらしい、
と言うくらいの知識しかありませんでした。

親しい友人からレイキの事を伺い
その不思議なパワーを知りたいと思うようになりました。
彼が師事している先生がこの度本を上梓されると知らされ
さっそく申し込ませていただく事に。
まだ手元に届きませんが、
まったくと言っていいほどレイキの事が解らない僕にとっては
教科書となるレイキとは何ともありがたい。

様々な困難を乗り越えなければならなかったへたれな僕は、
いくつかの宗教や宗派のお話しを伺う機会がありました。
そうしてゆくうちに辿りついた先は、
少なくても僕は、自力本願でありたいという意思でした。
ひとりひとりの持つ、人のパワーは
様々な色合いを帯びて、時に泣けてくるほど美しい。

それでもこれまで生きてきた上で
人の力だけでは如何しがたい現象も目の当たりにしてきました。
それは地域的、民族的な宗教に縛られることのない
大きな意味での人の力を超えたものがあるのではないかと言う、漠然とした想いでした。

この本に出会えた事も必然であるのなら
僕は沢山の扉のひとつを開く事が出来るだろうか?

今は期待でいっぱいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland