So-net無料ブログ作成
検索選択

『花』 千差万別のいいっぱなし物語 ~語られなかった物語  [創作]

これは、友人のブログから頂いた文章をイメージで膨らませたものです。

以下、友人の許可を得てその文を転写させて頂きます。

  
 ΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨ


  神様は思いました。誰が自分を罰してくれるだろう。誰が間違いを指摘してくれるだろう。  



以前別のブログで気まぐれでやっていたものです。

一行だけ描写をし、残りの前後は読み手にすべて補完してもらう千差万別のいいっぱなし物語。

なので一行の中にどれだけの情報量を詰め込めるか、どれだけ空気や温度を持たせられるかの挑戦でもありますねw

皆さんはどんな物語を読み解けましたか。



 ΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨΨ



さて、ここからひとつの物語が生まれました。


『花』


神様は思いました。誰が自分を罰してくれるだろう。
誰が間違いを指摘してくれるだろう。

神さまの手には一輪の花が握られています。
かつて瑞々しかったその野花は、
既にしおれて、ちいさな首をぐったりと垂れていました。
神さまは静かにその花を見つめて、
その花をいっぱいに両手に抱えていた
幼い少女の笑顔を想い出していました。

慈しんで創り上げた大地。
愛おしんで生まれさせた生命。
夢見た理想郷を実現させるために
育んできた気の遠くなる時間と力。

それを一瞬で無に帰してしまったやりきれない脱力感と絶望。

始めからなんてできない。
花は新しく創っても、同じ花ではない。
少女も生まれても同じ少女ではない。
滅ぼしても、創りだしても
決してたどり着く事のない、繰り返される無限の螺旋。

神さまはそっと手の中の花を離しました。
花は背後からの熱風に抗うように空高く舞い上がります。

「さあ、まいりましょう。」
脇に控えていた天使が感情を殺した堅い声で促しました。
振り向く神さまの目に
まだ燃え続けている町と人々の様子が映ります。

ソドムと呼ばれ、長く人々の記憶に刻まれるその町の夜明けのことでした。


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland