So-net無料ブログ作成

小説 中編 『ジグゾーパズルの一片』 [創作]

彼を突き動かしたものは『怒り』であった。
あたたかい場所を奪われた怒り。
お腹いっぱいの満足な眠りを奪われた怒り。
そして何より今のこの理不尽な暴力ともいえる
訳の分からない真っ暗な状況に閉じ込められるという怒り。

きっとよくないことだという予感はあった。
震えて救いを求めるような兄弟たちの鼻声も、
自分は決してたてるまいと、揺れ動く暗闇の中で四肢を踏ん張って耐えていた。
ようやく車から降ろされて、箱を開けられたとき
彼は兄弟たちをかばうように、自分たちを見下ろす人間をにらみつけた。
「元気でな。いい人に拾われろよ。」
人間は身勝手だ。
散々良い想いをさせてから、自分がいらなくなると余計なものとして捨てる。
それなら最初からなぜ僕らを産ませた。
苦しみをより苦しませるために、幸せな時を与えたのか。
それなら最初から関りを持たせるな。

人間が箱を空けて立ち去ると
ずんと寒さが落ちてきた。
寄せ合っても互いの冷たさが新たな震えを呼んだ。
これ以上ここにいては体力が失われて動けなくなる。
彼は箱に体当たりをしてみた。
箱は少しずれただけだった。
縁にわずかにかかる足でよじ登ろうとするが、何度も背から落ちてしまう。
「諦めない!ここで出来なければ生きて行けなくなるんだ!」
狭い箱の中で、思い切り助走をつけて縁に向かって飛び乗った。
腹のところに縁の角が食い込んで、鋭い痛みを感じたが
彼は後ろ脚をばたつかせてようやく箱の牢獄から這い出すことが出来た。
箱の中から兄弟たちの鳴き声が聞こえた。
どうにか連れ出せないか、何度も箱を調べても噛みついても
箱はピクリともしない。
彼は川べりまで降りるとたらふく水を飲んだ。
みんなにも飲ませてやりたい・・。
胸の大きな痛みとつかえが、涙となって溢れてくるようだった。

なんて・・無力なちっぽけな存在なんだろう。
生きていようが死んでしまおうが、誰も気づかない何も変わらない。
何のために?そんなこと知るもんか。
僕は生きている。まだ生きているんだ。
僕は僕が生きると決めたんだ。

彼は丈高い枯れた草原を歩き始めた。
川を外れると住宅街があり、狭苦しい家々の立ち並ぶその向こうは
川の流れよりも早い自動車が、列をなして同じ方向へ流れて行く。
ふと彼は足を止めて、鼻を空に向けた。
食べるものの匂い。
彼はふらつく足で、その匂いがする一軒の家の前に辿り着いた。
用心深く、ゆっくり垣根の方から中を窺う。
小さな老婦人が、背を丸めて何やら食事を作っているのが
明け放した庭側の窓からみえた。
どうやら焼いているお肉の煙を外に出そうと窓を開けているらしい。
彼はその後ろ姿を凝視しながら、一歩一歩と近ずいて行く。
自然にあふれたよだれが、ぽたりぽたりと地面に落ちるのも気づかない。
老婦人が肉を皿に盛ると、振り返ってテーブルに置こうとした・・
と、彼女は今まさに窓から足を家に踏み込もうとしている小さな犬に気が付いた。
「ぶたれる!逃げなくちゃ!」
彼は腰は引けているのだが、足が勝手に前に進んでしまう。
老婦人はそんな彼を驚いたように見つめたが、すぐにまた後ろを向いた。
そして棚から小さな皿を取り出すと、盛り付けた食事を少し取り分けた。
「なんとまぁ。かわいらしいお客さん。お腹が空いているんだね?」
彼女は静かに少し離れたところにその小皿を置いた。
「おいで。たんと召し上がり。」
彼はおそるおそるその小皿に近付くと、老婦人の方を見ながら一口食べて、
さっと後ろに飛びのいた。
口の中にひろがる温かさ・・。それが胸に落ち腹に落ちてゆく。
ああ・・うまいなぁ。
そしてもう一度小皿に近付き、今度は顔を埋めるようにして貪り食った。

それを見て老婦人はそっと冷蔵庫から出した牛乳を鍋にかけて温めた。
すこし冷ますと、別に小皿にそれを注ぎ、子犬の横に静かに置いた。
「迷子になったのかね?かわいそうにねぇ。」
老婦人は、ゆっくりと子犬の頭に触れた。
彼は少しびっくりはしたが、逃げることはしなかった。
口だけは一生懸命動かしてはいたが。

きれいに平らげると、今度は眠くなってくる。
老婦人のそばはあたたかく、柔らかなバスタオルはとてもいい匂いがして
それにくるまれると、なぜかとても安心できた。
老婦人は笑いながら、
「うちの子になってもいいんだよ?」と言っていたのはほとんど夢の中ではあったが
尻尾を大きく振って応えたのだけは、なんとなく覚えていた。

それから二人の共同生活が始まった。

老婦人は独り暮らしだったが、ひっきりなしに人が訪れた。
彼女の話では、その人たちは「はんばいいん」という種族らしく
彼女の持っている「お金」というものが大好きらしい。
「お金」をみんな持って行かれると、彼女はとても困るらしいので
僕の仕事はその「はんばいいん」たちを追い払う事だ。
その代わり彼女は、僕の食事とお散歩と
あったかい寝床を用意してくれることになった。
足の少し不自由な彼女のお散歩は、僕のペースじゃなく
彼女に合わせるもので、「いい運動」というものになるらしい。
僕はすぐ彼女が大好きになった。

部屋の中に敷き詰められた新聞紙のがさがさもようやく外され
毎日通った河川の匂いに兄弟たちを探すのも、儀礼的になってしまった頃
事件が起きた。
毎朝良い匂いで目覚め、彼女の姿をみつけて挨拶をするのだか
今日はなんだか部屋が寒々しい。
僕は彼女の姿を探した。
まだ布団の中にいるらしい。
鼻先でちょんと顔をつついてみる。
薄く目を開けて何か言うのだが、聞き取れない。
なにか・・おかしい。
そうだ、匂いだ。いつもと違う。何か違う匂い。
僕は彼女のパジャマの袖をひっぱる。
だめだ・・。動かせない。
人間の手を借りなくちゃだめだ。
無力だった自分を、いなくなった兄弟たちの姿がふと頭をよぎる。
大事な僕の家族。
喪って・・たまるかっ!
僕は家を飛び出した。
走って走って走って走って
お散歩途中でいつも挨拶するヒゲ面の親父のところまで駆け抜けた。

呑気に家の前であくびをしている親父の前で激しく吠えた。
「なんだなんだ?」
びっくりしている親父が目を丸くしている。
僕は何度も吠えて、後ろを向いて駆けることを繰り返した。
しばらくきょとんとしていた親父も、
「シズさんのところのコタロウだよな?ついてゆくのか?」と車に乗り込んだ。
僕は急いでまた家に戻る。
すぐ後ろをヒゲ親父の車がついてきて、家の前につくなり飛び降りてきた。
「シズさん!シズさん!どうした!なにかあったのか?」
玄関をがたがたして鍵がかかっているので、庭から親父が入ってきた。
「すまんがあがるよ!コタロウどこだ?」
僕が顔を出すとすぐに親父が老婦人のところに駆けつけて声をかけた。
「シズさん!どうした?具合が悪いのか?起きられないのか?」
彼女がまた薄く目を開けて微かにうなづいた。
ヒゲ親父は見かけに似合わずてきぱきと救急車の手配をすると、
僕の頭を優しく撫でた。
「でかしたぞ。よく知らせてくれたな。大丈夫。シズさんは心臓が悪いから
きっと発作を起こしたんだな。」
直ぐに救急車のサイレンが近ずいてくる。
ヒゲ親父は外に出て救急隊員を誘導すると、大きな声で言った。
「シズさん、心配するな。コタロウは僕がしばらく預かるから。
後の事は気にしないで、元気になってもどってきてくれよ?。」

両の手を合わすようにした老婦人がストレッチャーに乗せられて搬送された。
その後ろでヒゲの親父と犬がいつまでも見送っている。
「お前すごいな。誰も出来ない事、したんだぞ?
人の命を、今救ったんだぞ?」
コタロウと名付けられた犬は静かに尻尾を振った。
「まあ、家族だからね。当然のことをしたまでさ。」
「お前もなかなかのもんだったよ。ちゃんとわかってくれたからね。」
ひとりと一匹は同時に顔を見つめ合った。
そして同時にふっと笑った。

僕が生き延びてこうしてここに来れたから、シズさんは死なないですんだのか。
それなら僕は生きてきたことは無意味なんかじゃない。
大事な人を守ることが出来たんだから。
シズさんが戻ってきたら、もっといっぱいお話をしよう。
そうだ、僕の兄弟の話もしよう。
美しかった夕日の話もしよう。
まるまるとした雀が僕のご飯をたべちゃった話もしよう。

家族なんだもの。
相棒なんだもの。

かけがえのない人なんだもの。

小説 中編 『ジグゾーパズル』 [創作]

温かくて安全な「おかあさん」のところから、
僕たち兄弟は次々と不思議な匂いのする、狭くて四角い場所に入れられて
直ぐにふたを閉められた。
べりべりと大きな音がして、四角い箱の隙間から見えていた明かりが
次々に塞がれてゆく。
僕たちはなるべく箱の真ん中によって、身を寄せ合った。
直ぐに持ち上げられる感覚がして、外に連れて行かれた。
初めての匂い。湿った土の匂い。
僕らは人間というものと暮らしていた。
この人間が僕らのおかあさんに食べるものを運んできていた。

おかあさんはどうしているのかな? 
おかあさんは知っているのかな?

一度この人間が僕を持ち上げようとしたとき、
おかあさんが低い声で怒ったのを僕は知っている。
その時この人間はおかあさんの頭を、履いていた履物でぶったんだ。
それから僕は煙たい嫌な匂いのするこの人間が来ると
直ぐに隠れるようにしたんだ。
今回はぐっすり眠っていて、つい油断しちゃったんだな。
ふわふわ動いていた箱は、大きな音のする機械の中に人間と一緒に入れられると
低い鳴き声をあげながら、真横に走り出した。

僕らは身を寄せ合い、吐きそうなのを我慢して震えていた。
体が箱の中で大きくバウンドすると、大きな機械は走るのを止めた。
お水が沢山流れる音がする。
僕らの箱は持ち上げられると、地面におかれた。
草と土のいい匂いとお水の匂い。いろんな生き物の匂いがする。
べりべりとまた大きな音がすると、箱の上が開けられて、
人間の大きな姿がいっぱいに広がった。
「元気でな。いい人に拾われろよ。」
人間はそう言うと、そのまま大きな機械のところに行き、そのまま行ってしまった。

おかあさーん。
おかあさーん。
ここは寒いよ。
お腹が空いたよ。
おかあさーん。

僕らは互いにくっついて暖を取りながら震えていた。
しばらくすると一番大きな兄弟が、箱からようやく前足をかけて外に転がり落ちた。
いかないで。おいてゆかないで。
僕も
おそとにゆきたいよ。
おかあさんのところに帰りたいよ。
しばらく箱の周りをくるくるしていた彼は、やがていなくなった。
寒くてひもじくて怖い長い長い時間。
残された兄弟たちはもう鳴く元気もなくなっていた。

喉が渇いてお腹が空いて、目を開けるのも億劫なころ、
足音が沢山聞こえてきた。
人間が来た。
5人ほどだろうか、耳障りな声に僕はますます箱の中で身をすくめた。
「おい、犬がいる。捨て犬だ。」
ひとりが頓狂なこえをあげた。
「今時段ボールかよー。」
「保健所つれてゆけよ!薬殺で楽に死なせてもらえるぜ。」
「もう死んでんじゃね?」
ひとりの少年が大声で笑いながら、段ボールを蹴飛ばした。
もうひとりも歓声をあげて、続いて蹴り上げた。
ざりざりざりと音を立てて、段ボールは川に滑り落ちてゆく。
段ボールごと、僕らは川に浮いていた。
川の流れは速く、段ボールはくるくると回りながら下流へと流されてゆく。
少年たちはしばらく見ていたが、そのまま新しいゲームの話をしながら行ってしまった。

川の流れに翻弄されながら段ボールは速さを増し、川の中腹まで僕たちを運んでゆく。
段ボールの箱はすでに原型を留めることも出来ずに、急速に水の中に沈んでゆく。
あっという間に冷たい川の水に、僕たちを放りこんだ。
懸命に手足を動かす。
前の方に流れていた兄弟の頭がひとつ沈み、またひとつ沈んで浮いてこない。
それを横目に見ながら、ただ懸命に痺れた四肢を動かそうともがいていた。

どうして・・?
僕がなんで・・?
おかあさん、おかあさん、おかあさーん・・。
もう・・つかれたなぁ・・。

そう思った時に、不意に体が軽くなった。

おかあさん・・。怖い夢を・・みたんだよ・・?

そうつぶやくと、彼は意識を喪ってしまった。



今日は早々に仕事を切り上げて、彼は家路を急いでいた。
「カナデちゃんは喜んでくれるかなぁ・・。」
手には大きなリボンのかけられたぬいぐるみの箱がある。
娘の5回目の誕生日。
目に入れても痛くない、という意味を彼は娘が出来てから初めて味わった。
笑うと天使。泣いてもかわいい。
寝ていてもこんなかわいい子がいるのだろうかと見惚れてしまう。
そんな様子を妻はいつもおかしいと笑う。
その妻も、今日は大きなチョコレートケーキを作るんだと言って、
朝から気合が入っている。
川から吹き上げてくる風はもうすっかり冷たくなって
秋から冬の始まりをそろそろ感じさせる。
首をすくめて何気なく川に目をやると、
彼はその小さな頭が浮き沈みしているのを見てしまった。
「犬だ!」
「なんてことだ。まだ子犬じゃないか。」
彼は川べりまで走って降りて行く。
川の真ん中あたりの枝ような漂流物に子犬は引っかかっている。
それもすぐに外れてしまいそうだ。
彼は上着とズボンと、靴と靴下を脱ぎ捨てると、
荷物をその上に置きざぶざぶと川に入り込んだ。
心臓をつかまれるような水の冷たさに、一瞬ひるむが、
そのまま川の中を歩き出した。
水かさは徐々に増してゆき、すでに腰のあたりまで来ている。
上流に比べれば、いくらか穏やかな流れとは言え、
気を抜けば体ごと流れに持って行かれる。
なにより冷たさで足の感覚がなくなってきている。
彼はできるだけ手を伸ばして、子犬を捕まえようとして、はっと気づく。
「僕・・犬は苦手だったんだよな・・。」
その時ひっかかっていた犬の前足が外れ、
犬の体がすいっと彼の方に流れてきた。
慌てて彼は手を伸ばして子犬を抱きしめた。
そのまま岸辺に向かう。
「おい・・生きていてくれよ・・。死ぬなよ・・。」
岸に這いあがると、彼は上着に入っていたハンカチでごしごし子犬をマッサージした。
それだけではまだ濡れているので、
シャツを脱ぎそれでくるんでその上から上着でくるんだ。
「今日は娘の生まれた日なんだ。特別な日なんだ。
絶対に助けるからな!」
彼は足をもつれさせながらズボンを履き、靴をひっかけると
荷物もくるんだ子犬も一抱えに抱えると、
帰路にある獣医師の看板を目指して走り出した。

「おいおい・・。君の方がびしょびしょじゃないか。」
眉の濃い獣医がタオルを放ってよこすと、診察台に子犬を乗せた。
「川から拾い上げた時体をごしごししたら、かなり水を吐いたんです。」
彼はありがたく借りたタオルで自分の体を拭きながら診察台の子犬を見つめた。
「うん。・・・それがよかったみたいだね。
栄養状態もそれほど悪くないし、ダニもついていない。」
「もう離乳も終わっているようだね。
あったかいご飯をたらふく食ったら元気になると思うよ。」
「・・・で?この子は君のうちの子じゃないのだね?」
「はい。」
「それだけ一生懸命助けた子だ。君のところで飼ってあげることはできないの?
僕のところはもう手一杯だから、保健所に連絡して前の飼い主を探すかい?」
「でも見つからなったら、処分されちゃうんでしょう?」
「里親という事も出来るけど、まだまだ数少ないからねぇ。」
「家族に聞いてみます。連れて帰って大丈夫かな・・?」
「あったかい点滴したから、直ぐに目を覚ますと思うよ。
ちょっと擦り傷程度の怪我はあるけど、骨まではいっていないしね。
丈夫な子だ。」
「ありがとうございました。」
彼はそっと子犬の頭から体を何度も撫でた。
子犬の目があいて彼の目と合う。
「大変な目に遭ったね。僕のところに来てくれるかい?
せめて元気になるまで僕の家族と一緒に暮らしてみないかい?
きっと愉快だと思うよ。」


あったかい手だった。
心地よい優しい手だった。
嬉しくて安心して泣きそうになった。
そっと舐めてみる。
「うん。ありがとう。
僕はあなたと一緒にいたい。」

獣医が気に入ってもらったようだね、と笑った。
彼は心底嬉しそうな笑顔でもっとたくさん撫でてやってから、
タオルと上着にくるんだまま
プレゼントの箱を小脇に抱えて家まで走って帰った。

「お帰りなさーい!おとーさんっ!」
カナデが玄関先まで走って出迎える。
「お母さんが大きなチョコレートケーキ焼いたの!」
「お誕生日、おめでとう、カナデ。今日はご馳走だね。
ちょっとおかあさん来てくれるかな?」
「おかえりなさい。お疲れさま。どうしたの?」
エプロンで手を拭きながらメグがにこにことでてくる。
とすぐにびしょ濡れでよれよれの彼に目を見張ると、
そのままお風呂先にどうぞね?
と着替えをあわてて用意してついてきた。
簡単にいきさつを説明して、上着の下に隠していた子犬をみせると
メグは目を真ん丸にして子犬を見つめる。
「ああ、なんてかわいい!
これはこの子を飼う運命なのだと思うわ!
ねえ、家で飼いましょう?
あなたが苦手とおっしゃるから、今まで我慢してたの!」
彼は子犬ごとメグを抱きしめた。
「よかった・・。君が賛成してくれて・・。
うんとかわいがって大事に育てて行こうね?」
「はい!」
「さあ、お誕生会、二人分だね?急いで支度しよう。」
「そうね!カナデ喜ぶでしょうね。
・・・あら・・?」
メグは子犬のお腹の模様をそっと撫でた。
「これと同じ模様、昔飼っていたチコにもあったわ。」
そしてカナデとそっくりな、少女のような顔で最高の笑顔を彼に向けた。
「・・・やっぱりうちの子になる運命だったのかもしれないわね?」




ふーー、と大きく息を吐いた天使はううんと伸びをした。
「やれやれ。やっと納まるところに納められたよ。」
「また幸せな人生を送って帰っておいでよ。一番大好きな人たちのところでね。」




まだ怪我をしているから優しく・・だよ?と言われて、
カナデはぬいぐるみの箱から出てきた
茶色の子犬と真っ白いうさぎのぬいぐるみを交互に見比べた。
ぱぁっと顔が輝く。
「新しい家族ね!ありがとう!おとうさん!」
そしてそおっと優しく子犬の頭をなでる。
「はじめまして。あなたのお名前はチョコちゃんね?
私の一番大好きなお名前なの。」
チョコがぺろりとカナデの顔をなめた。
きゃっきゃっとカナデが笑う。

メグと彼が顔を見合わせて微笑んだ。